新着情報

日本橋本店情報 6月28日「榮太樓の日」

日本橋本店(東京都中央区日本橋1-2-5)にてイベント「榮太樓の日」を下記の通り実施致します。

●2019年6月28日(金)
●540円(税込)以上お買い上げいただいたお客様に、梅ぼ志飴や黒飴など5種類の味が楽しめる「榮太樓飴6粒入」をプレゼント。    
●実施は日本橋本店(中央区日本橋1-2-5)のみ。
※先着100名様(無くなり次第終了)

※尚、先月迄「榮太樓の日」で販売しておりました「日本橋大福」は販売を終了致しました。

農作業体験 千葉県「おかげさま農場」

榮太樓の大福には「マンゲツモチ」という品種のモチ米が使用されています。粒の弾力が強く、搗くのに手間は掛かりますがモチ米本来の味わいと餅にしたときの歯切れの良さが楽しめます。マンゲツモチは千葉県成田市の「おかげさま農場」というところで収穫されます。「おかげさま農場」は“無化学農薬”、“有機肥料栽培”にこだわりを持って作物を作っている農家さんの集まりです。

菓子の素材、産地にこだわりをもっている榮太樓はこのマンゲツモチを材料として仕入れるだけでなく、自分たちでも育て、収穫したいとの思いから、現地での農作業を毎年体験させてもらっています。農場全体からみれば作業体験をする田は面積としては小さな部分です。しかし、自分たちが大福の材料であるモチ米作りに関わっているという喜びはとても大きいものです。

毎回の作業に参加する社員は全部署から集まります。新入社員もベテランも、営業部員も製造部の職人も。皆で土にまみれて作業します。さらに、百貨店のバイヤーさんなどお取引先からも。今年もまた秋には田んぼ一面が黄金色になってくれる。それを楽しみに今、作業としては除草、中盤の段階です。

田植え
https://twitter.com/eitaro_sohonpo/status/1140843204310228992

除草
https://twitter.com/eitaro_sohonpo/status/1140849351977140224

4月26日、日本橋本店創業祭

弊社日本橋の本店創業を記念して、下記催しを開催いたします。
・開催日 :2019年4月26日(金)
・場所  :日本橋本店(中央区日本橋1-2-5)
・14:00~:「あんころ餅の振舞い」(先着500名様/無料)
※数量に限りがございますので、なくなり次第終了とさせていただきます。
※悪天候等で中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

4月18日、「禁煙推進企業コンソーシアム」に参加

4月18日に「禁煙推進企業コンソーシアム」が発足しました。小池百合子都知事や参加企業各社が集まり、発足メンバーの榮太樓總本鋪も参加、社長が登壇いたしました。

東京に本社や事業所を置く企業を中心に、東京都医師会や日本対がん協会と連携のもと「禁煙推進企業コンソーシアム」が4月18日に設立されました。榮太樓總本鋪は、この会に発足メンバーとして参画することにいたしました。また、同日、東京都医師会館にて発足発表会(主催:禁煙推進企業コンソーシアム/公益社団法人東京都医師会、後援:東京都)を開催する運びとなりました。

参加企業は、社員の健康増進を主目的とし、社内喫煙率の低下を共通の目標として様々な取り組みを展開することで、企業による禁煙の先進的な動きを通じて社会全体に禁煙の重要性を発信して参ります。

禁煙推進企業コンソーシアムへの加入理由
当社は、創業から200年、江戸時代から続く製法を大事にしている「榮太樓飴」を通じ、長年お客様の喉の調子を整えるお手伝いをさせて戴いております。社内喫煙率を下げることによる社員の健康管理は当社にとっての重要事項であると共に、増大する医療費の抑制を社会貢献のひとつとして捉え、禁煙推進企業コンソーシアムに参加致します。具体的には、2020年までに現在の喫煙率を20%から17%に低減致します。当社は和菓子の持つ健康感に特化したブランド「からだにえいたろう」を展開しております。喫煙率の低減だけでなく、広く体と心の健康を考えて、お客様に喜んでいただける和菓子、飴をご提案していきたいと考えています。

「禁煙促進の動き」
平成28年度の厚生労働省「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書」では、
日本人の年間死亡者は、能動喫煙によって約13万人、受動喫煙によって約1万5千人(肺がん、虚血性心疾患、および脳卒中による死亡)と推計されていると報告されており、禁煙は最も基本的かつ効果的な対策であると考えられています。また、東京都では、都民の健康促進の観点から、そして2020年の東京五輪に向け、受動喫煙防止対策を推進していくため、「東京都受動喫煙防止条例」を制定しました。

本コンソーシアムはこれらの背景を踏まえ、「社内禁煙の推進」に特化し、参加企業は、2018年3月に閣議決定された「がん対策推進基本計画(第3期)」で目標としている2022年度の喫煙率12%について、社内で達成することを共通の目標とし、より健康的な企業を目指していきます。

【禁煙推進企業コンソーシアム 参加企業および団体】 (発足時 五十音順)
・株式会社IDホールディングス
・アフラック生命保険株式会社
・株式会社イトーキ
・株式会社榮太樓總本鋪
・株式会社オートバックスセブン
・オムロン ヘルスケア株式会社
・協和発酵キリン株式会社
・医療法人社団こころとからだの元氣プラザ
・佐藤製薬株式会社
・株式会社資生堂
・ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
・株式会社SKYグループホールディングス
・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
・SOMPOヘルスサポート株式会社
・公益社団法人東京都医師会
・日本アイ・ビー・エム株式会社
・日本光電工業株式会社
・公益財団法人日本対がん協会
・ファイザー株式会社
・ミサワホーム株式会社
・株式会社メディヴァ
・株式会社龍角散
・ロート製薬株式会社
以上、23企業/団体

以上

ホームページ
URL:https://kinen-support.com

日本橋本店、GW中の営業日について

ゴールデンウィーク中の弊社本店(中央区日本橋1-2-5)の営業日をお知らせします。4月30日、5月1日、5月2日の3日間は営業しますが、閉店時間が通常よりも一時間早く、午後5時までとさせていただきます。また、併設の喫茶室はこの3日間はお休みをいただきます。どうぞ宜しくお願いします。

※定休日:日曜、祝日

4月27日(土)9:30~18:00 営業
4月28日(日)定休日
4月29日(月) 休
4月30日(火)9:30~17:00 臨時営業 <喫茶室のみお休み>
5月 1日(水)9:30~17:00 臨時営業 <喫茶室のみお休み>
5月 2日(木)9:30~17:00 臨時営業 <喫茶室のみお休み>
5月 3日(金) 休
5月 4日(土) 休
5月 5日(日)定休日
5月 6日(月) 休

5月7日以降は通常通りの営業をいたします。
以上

第19回 JAPANドラッグストアショーにて

第19回JAPANドラッグストアショー『食と健康アワード2019』にて、
からだにえいたろうの「糖質をおさえたようかん」が
『一般食品部門』で大賞を受賞いたしました。

http://www.karadanieitaro.jp/html/page10.html

□糖質をおさえたようかんとは?
「糖質をおさえたようかん」は従来の羊羹の約半分※の糖質に抑えつつ、
「榮太樓」の羊羹ならではの小豆の風味と美味しさが感じられる「ようかん」です。※日本食品標準成分表2015 練りようかんと比べて糖質49%カット
お味は3種類。
「こし餡」は羊羹本来の小豆の風味と美味しさ、
「はちみつ」は国産百花蜂蜜の風味とやさしい甘さ、
「黒糖」は沖縄県小浜産黒糖のやさしい甘さと旨味が感じられます。

以上

3月6日放送予定 テレビ東京「リトルトーキョーライフ」

テレビ東京「リトルトーキョーライフ」にて、「繁盛団子 かつを武士盛り」が紹介される予定です。
●番組名:テレビ東京「リトルトーキョーライフ」 
※番組HP https://www.tv-tokyo.co.jp/little-tokyolife/
●放送日時:2019年3月6日(水)水曜深夜0時12分~
●企画:今回のテーマは「おみやげ」
●商品:日本橋髙島屋店の「繁盛団子 かつを武士盛り」

<ご注意点>
当商品の販売店は、榮太樓總本鋪の「日本橋髙島屋店」「日本橋三越店」の2店のみです。他の売店ではお取扱いございませんのでご注意くださいませ。

以上

いちご大福について

【いちご大福をお召し上がりの際に感じるピリピリとした刺激について】

いちご大福をお召し上がりの際、稀に舌にピリピリとした刺激を感じる事がございます。これは苺の糖分が分解する際に発生する炭酸ガスが、大福の中に滞留することで生じる現象です。榮太樓のいちご大福は味のバランスを考え、厳選した苺を丁寧に餡、餅で包む製法の為、この現象が起こることがございます。炭酸ガスは炭酸飲料に含まれるものと同じ成分ですので、安心してお召し上りください。

2月2日放送予定 テレビ朝日「ニッポン視察団」

テレビ朝日「ニッポン視察団」さんから今回、取材を受けました。

番組名/世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!! 視察団
放送予定/2019年2月2日(土) 18:56~20:54
※番組HP https://www.tv-asahi.co.jp/shisatsudan/

<榮太樓總本鋪>
日本橋三越本店の売店と商品が取り上げられる予定です。
商品名は、「繁盛団子 かつを武士盛り」。

鰹節がたっぷりかかったみたらしの串団子です。
みたらしたれの出汁も鰹節も両方とも「にんべん」さんの素材を使用しています。
団子のほうは餅の歯ごたえを出す仕上がり具合。
焼きを加えて餅の風味をさらに引き出しています。

放送予定は今週の土曜日です。
撮影、取材のスタッフ皆様、お疲れ様でした。
どうもありがとうございました。

合併公告情報

合併公告についてお知らせ致します。
以下の「資料-01」をクリックしてください。

資料-01

1月11日、日本橋本店 鏡開き「お汁粉」振舞い

日本橋本店 鏡開き 餅入りお汁粉の振舞い

平素は榮太樓總本鋪をご愛顧いただき、ありがとうございます。
鏡開きを記念して、「餅入りお汁粉」の振舞いを開催いたします(無料)。
皆様のご来店をお待ちしております。

■ 日程:2019年1月11日(金) 14:00より
■ 場所:日本橋本店 店頭 (中央区日本橋1-2-5)

※先着順のため、なくなり次第終了させていただきます。
※悪天候等で催しを中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

缶入り榮太樓飴の開け方

缶入り榮太樓飴はご購入時には缶内部が真空状態になっております。これはなかの飴を大敵である湿気から守るためです。缶を最初に開けるときは、コイン状の鉄片などを使ってフタを開けていただきます。詳しくは下記ページにてご確認ください。尚、開缶後は高温多湿での保管を避け、なるべくお早めにお召し上がりください。

http://www.eitaro.com/howto/

日本橋本店、年末年始休業のお知らせ

今年もいよいよ残り僅かとなってまいりました。
本年は温かいお引き立てを賜りまして、ありがとうございました。
どうぞ来年も変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

榮太樓總本鋪、本店(中央区日本橋1-2-5)の年末年始休業は
以下の通りでございます。宜しくお願いします。

12月29日(土)9:30~18:00
12月30日(日)定休日
12月31日(月) 〃
1月 1日(火) 〃
1月 2日(水) 〃
1月 3日(木)9:30~17:00
1月 4日(金)9:30~18:00

定休日:日曜、祝日

以上

12月21日、本店イベント「榮太樓の日」を実施します。

当社本店(中央区日本橋1-2-5)にてイベント「榮太樓の日」を下記の通り実施致します。

●2018年12月21日(金) 朝10時~
●「日本橋大福(小ぶりな紅白2コ入りの大福)」を100円(税込)で販売致します。
●実施は日本橋本店(中央区日本橋1-2-5)のみ。

※400箱限定。(無くなり次第終了)
※お一人様10箱まで。

以上

12月1日放送予定 日本テレビ「メレンゲの気持ち」

先日、日本テレビ「メレンゲの気持ち」さんから取材を受けました。
放送予定日/2018年12月1日、土曜日 (毎週土曜日12時〜13時30分)
ロケコーナー「 〜石塚英彦の通りの達人〜 」にて。

<榮太樓總本鋪>
日本橋の本店から八王子工場、さらには銀座の百貨店売店まで、しっかり見ていただきました。榮太樓飴のうち梅ぼ志飴の製造シーンでは、原料を高温で煮詰めているところが迫力あると思います。窯のそばは熱くてあんまり近くには寄れませんけど。(カメラさんはかなり寄ってました)。最後に、出来上がった可愛らしい梅ぼ志飴の粒がコロコロ出て来るところもぜひ見ていただきたいところです。

その次に、生菓子の製造現場。ここでは金鍔作りを撮影してもらいました。全国和菓子協会「選・和菓子職」である職人による金鍔作り。小指の先ほどの小さな小麦の塊が手のひらで薄く薄く広がって、みるみるうちに餡を包んでいきます。

銀座のAmeya Eitaro(あめやえいたろう)売店では、ティーリップ、スイートグロス、スイートダイヤモンドなどが撮影されました。全部イイと言いたいところですけど、なかでもティーリップは今の季節には絶対おすすめですね。

放送予定日は12月1日。今から楽しみです。最後になってしまいましたが、「メレンゲの気持ち」スタッフの皆さん、取材、撮影お疲れ様でした。どうもありがとうございました。

以上

本店、10月7日(日)は臨時営業致します。

10月7日(日)は特別に本店(日本橋1-2-5)の営業を致します。
「臨時営業」となり、9:30~17:00の営業時間とさせていただきます。
尚、通常は本店につきましては日曜、祝日は店休日とさせていただいております。
どうぞ宜しくお願い致します。

10月6日放送予定 テレビ東京「出没!アド街ック天国」

この間、テレビ東京「出没!アド街ック天国」の取材を受けました。ロケ当日は、司会の井ノ原部長さんが日本橋の本店にいらっしゃり、相談役や本店店長と一緒に楽しいお話しをたくさんしてくださいました。日本橋の本店は、生菓子や焼き菓子、あんみつなど様々な菓子を取り揃えていますが、菓子の紹介をするなかで一番盛り上がったのは飴の話でした。なかでも梅ぼ志飴をはじめとする榮太樓飴は当店を代表する長寿商品なので、その分お聞かせしたいエピソードがこちらとしてもいっぱいあって。そのせいか取材時間があっという間に過ぎてしまった気がします。井ノ原部長さん、そして、取材、撮影のスタッフの皆さん、楽しい撮影どうもありがとうございました。

新・記念日 10月3日が「榮太樓飴の日」になりました。

この度、毎年10月3日が日本記念日協会により記念日「榮太樓飴の日」として登録されました。

http://www.kinenbi.gr.jp/

一般社団法人 日本記念日協会

「榮太樓飴の日」とは
今年2018年から、毎年10月3日を「榮太樓飴の日」とすることを、一般社団法人日本記念日協会に申請し、認定を受けました。当社の代表商品「榮太樓飴」を考案し、世に出したのは日本橋本店の開業者であり、当社社名の主である細田栄太郎です。生みの親である栄太郎の誕生日(1832年10月3日生まれ)にちなんで10月3日を「榮太樓飴の日」としました。季節的な意味では、二十四節気、七十二候で言う「水始涸(みずはじめてかる)」の初日に当たるのが10月3日です。仲秋の「水始涸」が指すのは田の水を抜いた後の収穫期のこと。人工甘味料を使わずに作る梅ぼ志飴、黒飴、抹茶飴、紅茶飴などの榮太樓飴は自然の恵みから生まれる飴です。10月3日という豊かな実りの日に重ね合わせて記念の日とさせていただきました。ちなみに、当社の社内行事はもともとこの日に合わせることが多く、現在の日本橋一丁目にある榮太樓ビルの竣工式も1962年10月3日に致しております。

缶入り榮太樓飴の開け方

缶入り榮太樓飴はご購入時には缶内部が真空状態になっております。これはなかの飴を大敵である湿気から守るためです。缶を最初に開けるときは、コイン状の鉄片などを使ってフタを開けていただきます。詳しくは下記ページにてご確認ください。尚、開缶後は高温多湿での保管を避け、なるべくお早めにお召し上がりください。

http://www.eitaro.com/howto/

12<前のページ1/2