おしらせ

日本橋本店 鏡開き「餅入りお汁粉」の振舞い

平素は榮太樓總本鋪をご愛顧いただき、ありがとうございます。
鏡開きを記念して、「餅入りお汁粉」の振舞いを開催いたします(無料)。
皆様のご来店をお待ちしております。

■ 日程:2016年1月8日(金) 14:00より
■ 場所:日本橋本店店頭
※先着順のため、なくなり次第終了させていただきます。
※悪天候等で催しを中止させていただく場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

【期間限定出店情報】松屋銀座「榮太樓總本鋪」&「東京ピーセン」

下記の期間中、松屋銀座店に期間限定出店いたします。
「榮太樓總本鋪」と「東京ピーセン」2つのお店が入ります。

「榮太樓總本鋪」は、金鍔や黒豆大福など榮太樓定番の生菓子を扱っております。
「東京ピーセン」は、銀座エリア初登場。東京土産におすすめのピーセン専門店です。
お近くにお立ち寄りの際はぜひお越しくださいませ。
皆様のご来店をお待ちしております。

■ 期間:2015年11月1日(日)~2016年2月末
■ 場所:地下1階和菓子売場

おかげさま農場~収穫編

10月4日。いよいよマンゲツモチ収穫の日を迎えました。
10月にしては汗ばむ陽気で、まさに収穫日和でした。

収穫前の田んぼ。一面秋らしい黄金色です。

1015_1

1015_2

秋を感じたところで収穫開始。
鎌で稲の束を刈り取り、藁で結びます。
竹製の干し場に1週間程乾燥させ、水分を飛ばします。
田んぼは予想外にぬかるんでいて足を取られ、刈り取るにも一苦労でした。

▼稲刈り開始
写真の右から左へと進み、根元を刈り取っていきます。

1015_3

▼刈り取り中の稲
実を泥で汚さないよう、一旦茎の上で仮置きしています。

1015_4

▼藁で束ねた稲の束

1015_5

▼天日干しの様子
1週間程乾燥させて水分をとばします。

1015_6

▼収穫後の田んぼ
黄金色が一気に茶色くなりました。達成感もひとしおです。

1015_7

収穫後は餅つき。
この時収穫したお米ではありませんが、もちろんマンゲツモチです。
普段体験出来ない餅つきに一同大盛り上がり。味も大満足。
稲刈りの疲れも吹っ飛ぶような笑顔で、無事に終了しました。

▼つきたてのお餅

1015_8

▼トッピングもさまざま

1015_9

今回の田植えから収穫ですが、機械を使わずに手作業で行いました。
自分達で手をかけた糯米が、無事に収穫を迎えられて嬉しく思います。
この糯米が大福などに姿を変え、お客様の手に届くのが今から楽しみです。

【催事情報】丸井今井「豆大福実演販売」

9月に北海道にて催事を行います。
どちらも職人による豆大福の実演販売を行います。
豆大福は通常お取扱いのない限定商品です。
お近くにお立ち寄りの際は、ぜひお越しくださいませ。

■ 9/2(水)~9/8(火)
丸井今井札幌本店
大通館9階催事場『第39回江戸老舗めぐり』

■ 9/10(木)~9/16(水)
丸井今井函館店
7階催事場『第33回江戸老舗めぐり』

おかげさま農場~成長観察編

8月4日、おかげさま農場を訪れました。
今回は作業をせず、その後の成長の様子を見に行きました。

日なたにいると立っているだけで汗が出るじりじりとした暑さ。
田んぼまでの道中、見頃のひまわりに遭遇しました。夏ですね。

150804_1

稲は順調に成長しています。
まるで緑色の絨毯が敷かれているようでした。

150804_2

根に近い部分もどっしりとしています。

150804_3

先端には立派な稲穂が出ていました。
周りに付いている白いものは花です。
農場の方によると、写真の状態は咲き始めとのこと。
最も咲くのはこの数日後、それも早朝の時間帯にしか咲かない貴重なものだそうです。

150804_4

終了後は休憩しつつ、農場で採れたすいかをいただきました。
休憩所は冷房がなくても心地よい風が流れ、一同穏やかなひとときを過ごしました。

150804_5

日本橋本店と七夕

7月7日は七夕。
日本橋本店の入口も七夕仕様で皆様のご来店をお待ちしております。

繊細で美しい“おりひめ”の帯を表現した上生菓子を7月7日まで販売しております。
日本橋本店のほか、渋谷東横のれん街店でもお求めいただけます。

150706-1

日本橋本店

150706-2

上生菓子「おりひめ」

おかげさま農場~除草編(その3)

6月28日。除草をするため、おかげさま農場を訪れました。
写真は遠目ですが、確実に成長しているのが分かります。

▼ 除草の様子

150628-1

除草は計3回行い、いずれも間隔は2週間空いていました。
しかし、雑草の伸び具合はそれぞれ異なっていました。
試行錯誤しながら各回の経験を生かし、やり方をその都度変えたためとみられます。
1回目で残っていた雑草が多々あり、2回目は1回目より入念に行いました。
3回目は以前よりも量が少なく、他よりも短い作業時間で終わりました。
雑草と苗の様子を比較してみました。苗がだんだん太くなっているのが分かります。

▼[除草1回目]5月31日(田植えから18日後)

150531

▼[除草2回目]6月14日(1回目から2週間後)

150614

▼[除草3回目]6月28日(2回目から2週間後)

150628-2

▼ 今回の除草後の様子です。

150628-3

▼ かえるものびのびと泳いでいます。

150628-4

▼ 終了後のごはん。栄養満点です。ごちそうさまでした。

150628-5

除草は今回で終了です。
成長が進むにつれ、草が目に入ったり腕を切ったりするため、これ以上人が田んぼに入るのは危険なのだとか。
これからは自然の力に任せて成長を見守っていきます。
じきに黄金色の穂が付いて収穫する姿を想像すると、秋が待ち遠しいですね。

おかげさま農場~除草編(その2)

6月14日、おかげさま農場にて3回目の作業体験に訪れました。
目的は今回も除草です。
雑草は2週間でみるみる成長し、一同雑草の生命力の凄さに改めて驚きました。
稲の周りにある背の低い草が雑草です。

150531

▲[5月31日]除草後

150614-1 (1)

▲[6月14日]除草前

心配していたお天気には恵まれましたが、中腰の体勢はやはり大変でした。
トラブルもなく、作業は無事に終了しました。

150614-2

150614-3

▲除草後

ひまわりを見ると夏の訪れを実感します。

140614-4

終了後、農場で採れた野菜をふんだんに使用した料理をいただきました。
ごちそうさまでした。

150614-5

近日、3回目の除草をするため再度訪れます。

【期間限定販売】北海道乳業とのタイアップ商品「黒みつプリン」

2015榮太樓 黒みつプリン


榮太樓 黒みつプリン黒蜜ソース入り

「北海道乳業」×「榮太樓總本鋪」タイアップ企画第3弾。
生乳と相性が良く、美味しさの引き立つ沖縄【小浜島・西表島産】の黒糖を原料とした黒糖みつを選定。
北海道産の良質な生乳をベースに、榮太樓こだわりの黒糖みつをバランス良く合わせ、黒糖本来のおいしさが感じられる黒みつプリンに、更に黒蜜ソースを組み合わせた贅沢なおいしさです。

2015年6月16日(火)より量販店やコンビニエンスストア、一般小売店にて販売しております。
※榮太樓總本鋪店頭での販売やお取り寄せはいたしかねますので、ご了承くださいませ。

【商品概要】
■ 内容量:90g
■ 希望小売価格:130円(税抜)

商品に関するお問い合わせ先やその他情報は、下記よりお願いいたします。
【北海道乳業株式会社】
■ お客様相談受付:0120-005638
■ ホームページ:http://www.hokunyu.jp/

【催事情報】玉川髙島屋S・C「和菓子の日」

6月16日は和菓子の日。
玉川髙島屋S・C店にて2つの催事を行います。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

■ 生菓子の実演販売
期間:6/14(日)~6/16(火)
場所:本館地下1階 明治屋前イベントスペース
通常店舗では取扱いのない、上生菓子や金鍔、つぶ焼大福の実演販売を行います。

■ お茶の御点前と振舞い
日時:6/16(火)限り/11:00~15:00
場所:本館1階 グランパティオ特設会場
主催:宗徧流時習軒 十一世家元 細田宗栄/協賛:山本山(抹茶)
立礼式茶会装飾会場にてお茶の御点前を披露すると共に、嘉祥まんじゅうとお茶の振舞いを無料にて行います。

【和菓子の日とは…】
1979年(昭和54年)に全国和菓子協会が制定しました。

848年(承和15年・嘉祥元年)、仁明天皇が6月16日に16の数にちなんだ菓子や餅などを神前に供えて厄除と健康招福を祈願し、元号を「嘉祥」に改号したのが起源とされています。
以後、明治時代までは「嘉祥の祝」と称して“16”にちなんで菓子を供えたり食べたり…かたちは様々ですがそのような習慣があったそうです。
この「嘉祥の日」を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。

おかげさま農場~除草編(その1)

5月31日、再びおかげさま農場を訪れました。
前回の田植えから2週間あまり経過。緑豊かな田んぼで、成長を実感します。

DSC_1657_

今回の目的は除草です。
泥を掻き回し、表面に浮き出て根っこから外れた雑草を取り除いていきます。
取り除くにはしっかり掻き回さないといけないため、腰に大きな負担がかかります。
しばしこの姿勢のため、見た目以上に重労働です。

DSC_1676_

▼除草前。水面をよく見ると雑草が生い茂っています。

DSC_1666_

▼除草後。泥を掻き回して浮き出た大量の雑草です。

DSC_1684_

▼雑草は意外と根を張っていました。

DSC_1695_

田んぼにかえるがいたのでお持ち帰り。
生き物がいるのは無農薬栽培ならではの光景です。

DSC_1706_

今回は昔ながらの製法で栽培をしているため除草をしましたが、田植えの時点で苗の周りに遮光シートをかぶせるのが一般的だそうです。
光を浴びないと雑草は成長しないので、除草の手間も省けます。

DSC_1700_

この除草はもう1回必要とのことなので、近々再訪します。

おかげさま農場~田植え体験編

5月13日、おかげさま農場へ田植え体験をさせていただきました。
おかげさま農場は千葉県成田市にあり、無農薬にこだわって農作物を栽培しています。
ここでつくられた糯米「マンゲツモチ」は、日本橋三越店の大福等に使われています。

日本橋三越店の新装開店は2014年11月。以来はじめて米の栽培の時期を迎えます。
田植えから収穫までを追うブログを、今後不定期に更新していきます。
その第1弾が今回の田植えです。

5月にしては異例の暑さで、絶好の田植え日和でした。

fukei

▼この苗を

nae

▼この田んぼ一面に植えていきます。

tanbo_before

▼植えるというよりは真っ直ぐ挿すイメージ。

temoto

一面全て植えるまでお昼は食べられないよ!と言われ、一同俄然気合いが入ります。
順調に進んだ人もいれば、泥に足をとられて苦戦する人もいて様々でした。
誤って顔ごと田んぼの中に落ちた人もおらず、田植えは無事に終了しました。

taue1

taue2

お昼はお手製のおにぎりをはじめ、たくさんの野菜を使った手料理を美味しくいただきました。
米・野菜は農場で採れたものです。ごちそうさまでした。

gohan

今回植えた苗達がどのような形で成長し、最後に店頭に並ぶのか今から楽しみです。
これからも見守っていきたいと思います。

千葉市美術館20周年記念でコラボ商品を限定販売しております。

chiba600_400
開催期間: 販売期間(2015年4月10日~)
開催場所:千葉市美術館ミュージアムショップ(千葉市中央区中央3-10-8)
開館時間:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)

日本橋本店 創業祭「あんころ餅」の振舞い

平素は榮太樓總本鋪をご愛顧いただき、ありがとうございます。
4月29日の弊鋪創業を記念して、「あんころ餅」の振舞いを開催いたします(無料)。
皆様のご来店をお待ちしております。
■ 日程:2015年4月28日(火) 14:00より
■ 場所:日本橋本店店頭
※振舞いは先着順のため、なくなり次第終了させていただきます。
※悪天候等で催しを中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください

東京ピーセンナイト~with獺祭~

復刻リニューアルした「東京ピーセン」の発売を記念して、
4月1日・4月16日の両日、日本橋本店併設の喫茶室「雪月花」にて
「東京ピーセンナイト~with獺祭~」をプレス向けに開催いたしました。
東京ピーセンは日本酒との相性もピッタリで、大人のおつまみとしても最適です。

p_night1

獺祭と東京ピーセン

当日は東京ピーセンの開発秘話や旭酒造桜井社長にお越しいただき、
獺祭の製造方法や日本酒への想いをお話しいただきました。

p_night2

旭酒造の桜井社長

また、羽田空港店の制服を作っていただいた45rpm中島副社長には
着心地や丈夫さなど拘りをお聞きしました。
大きく謳っていませんが実は…
「東京ピーセンの制服は45rpmさんに作っていただいています!」

p_night3

45rpmの中島副社長(手前右)

そんな新しいNEWSを「東京ピーセン」は発信していきます。

最後に、来場者にアンケートを実施し、各項目の1位は以下の結果となりました。
■ どのピーセンが一番お好みでしたか?
 さくさくプレーン
■ 獺祭 純米大吟醸と一番相性の良いピーセンはどれですか?
 カリっと海老
■ 獺祭 発泡にごり酒と一番相性の良いピーセンはどれですか?
 さくさくプレーン

【東京ピーセンオンラインショップ】
http://www.peasen.jp/

催事のおしらせ

本日より開催の全国銘菓展も、69回目を迎えました。

日本橋三越店の『天女像「まごころ」』創設55周年をテーマに、
上生菓子「春に舞う天女」を販売いたします。

天女が羽織る軽やかな「羽衣」、
川沿いに咲く桜をイメージした「江戸のしだれ桜」、
江戸の頃に流行った着物の柄・麻の葉文様をあしらった「装い」。
春らしくやさしい色合いの上生菓子を詰合せました。

zenmei2015_proper

上生菓子「春に舞う天女」(右から羽衣・江戸のしだれ桜・装い)
※写真は地下1階の常設店です。

今回の全国銘菓展は2箇所の会場ですが、
榮太樓は、本館1階中央ホール『天女像「まごころ」』前にて出店しております。
こちらでは日本橋三越店で通常お取扱いのない商品を取り揃えております。
皆様のご来店をお待ちしております。

zenmei2015_saizi

本館1階中央ホールにて

【第69回 全国銘菓展】
■ 日時:4月15日(水)~4月21日(火)
■ 場所:日本橋三越本店 本館1階中央ホール
■ 限定商品:上生菓子「春に舞う天女」 3個入(税込 1,728円)
※上生菓子は本館1階催事場のほか、地下1階の常設店でもお求めいただけます。

日本橋本店 金鍔実演についてのおしらせ

平素は、日本橋本店をご愛顧いただき、ありがとうございます。

諸事情により、当面の間金鍔の実演販売をお休みさせていただきます。
・榮太樓の日(毎月最終金曜日開催)
・毎週土曜日14時から~

販売再開の際は再度ご連絡させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

催事のおしらせ

大分にて、職人による「豆大福」実演催事を行います。
赤豌豆を使った豆大福は、催事だけの限定販売です。
お近くにお立ち寄りの際はぜひお越しくださいませ。

■ トキハ本店『大江戸のれん市』
期間:3/12(木)~3/18(水)
場所:本館8階催し場

【新発売】東京ピーセン

!cid_BF5A8138478B49F88EAA09399A21406B@S122

復活した缶入のピーセン

エッフェル塔のマークに「フランスの味」と書かれた青い缶。
中にはピーナッツを練りこんだ塩味のあられ。

昭和30年代に銀座江戸一から発売された「ピーセン」は、当時絶大な人気を博していました。
やがて銀座江戸一が暖簾をおろした後、平成11年から榮太樓がその製法を引き継ぎ、再びピーセンは市場に登場しました。

しかし、現在のピーセンには知名度で課題がありました。
30代以下になるとピーセンそのものを知らない、
逆に40代以上でも「銀座江戸一のピーセンは知っているが、今もピーセンがあることを知らない」。
という声が多いことです。

ピーセンの原点に戻り、知っている方には「懐かしい」、知らない方には「新しい」と思われるような商品づくりを行いました。
味は「さくさくプレーン」「しっとりチーズ」「カリっと海老」の3種類。それぞれ食感にも特長を出しました。
パッケージは「フランスの味」を連想させたトリコロールカラーとエッフェル塔のマーク。今回缶入りも復活しました。
「懐かしくて、新しい」。その名も『東京ピーセン』。旅行や出張先のお土産にいかがでしょうか。
『東京土産』として、日本橋本店と羽田空港にて先行販売いたします。

■ 商品名:東京ピーセン
■ 種類:さくさくプレーン・しっとりチーズ・カリっと海老
■ 入数・価格(税込)
・ 6袋入・・・・・・・702円
・ 9袋入・・・・・1,080円
・15袋入・・・・・1,782円
・ 缶入・・・・・・・1,620円 ※さくさくプレーンのみ
■ 発売日:2015年3月4日(水)
■ 販売店:日本橋本店、羽田空港第1ターミナル 東京食賓館3(出発ロビーEゲート前)
※ 羽田空港第1ターミナルでは3月4日(水)~5月12日(火)の期間限定販売です。また、榮太樓總本鋪 羽田空港エリア(特選和菓子館、第二食賓館)では取扱いがございません。あらかじめご了承くださいませ。

商品情報、オンラインショップはこちらからご覧いただけます。
■ ホームページ:http://www.peasen.jp/
■ オンラインショップ:http://peasen-shop.com/

【新発売】日本橋どらやき 桜あん

y_nichidora_sakura_image_350

日本橋どらやき 桜あん

ふんわりと焼き上げた生地と小豆本来の美味しさが活きるつぶしあん。
どこかほっこりとした気分にさせてくれる、日本橋どらやき。

この春、季節限定餡に“桜あん”が新しく登場いたします。
刻み桜葉入りの桜あん。生地にうつった桜の香りを楽しむのも、春ならではの味。
暖かな春まであと少し。一足先に春を感じてみてはいかがでしょうか。

■ 価格:1個195円(税込)
■ 販売期間:3/1(日)~4/30(木)