店舗情報

日本橋本店 金鍔実演についてのおしらせ

平素は、日本橋本店をご愛顧いただき、ありがとうございます。

諸事情により、当面の間金鍔の実演販売をお休みさせていただきます。
・榮太樓の日(毎月最終金曜日開催)
・毎週土曜日14時から~

販売再開の際は再度ご連絡させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

日本橋本店 年末年始営業日・営業時間のご案内

平素は日本橋本店をご利用いただき、ありがとうございます。
年末年始の営業日・営業時間につきまして、下記のとおりご案内申し上げます。

■ 2014年
 12月30日(火) 9:30~18:00(通常営業)
 12月31日(水) 9:30~17:00
■ 2015年
  1月 1日(木)  休業日
  1月 2日(金)  休業日
  1月 3日(土)  9:30~17:00
  1月 4日(日)  休業日
  1月 5日(月)  9:30~18:00(通常営業) 

日本橋三越店リニューアルオープン!

新たな装いの日本橋三越店

2014年11月26日(水)に、日本橋三越店が新たな装いでオープンいたしました。

榮太樓の創業者・3代目細田安兵衛(幼名栄太郎)は、江戸末期に日本橋のたもとで屋台にて販売していました。
人々の目の前で作る「金鍔」や「大福」は評判を呼び、たちまち日本橋の人気者となりました。
のちに榮太樓は創業し、金鍔や大福は今日まで受け継がれています。
「屋台で販売していた頃の江戸の賑やかしさ」を今に伝えたいという思いから、三越の本店でもある日本橋店にて出店をしました。

他の店舗とは雰囲気を変え、生菓子を主体とした日本橋三越店。
「作りたて」にこだわり、目の前で職人がひとつずつ丁寧に作りあげます。
中でも糯米は「マンゲツモチ」を使用しており、江戸っ子好みの「歯切れの良い餅」をより実感出来ることでしょう。

商品名にも「江戸っ子らしい洒落っ気」を表しました。
「せっかち焼き 胡麻すり蜜」や「ど楽ど楽もち(どらどらもち)」など。
名前だけ聞くと「何だろう?」と思うような商品の数々です。

「日本橋」にこだわった商品の数々をご用意しております。
「繁盛団子」と「日本橋餅」には「にんべんのかつおぶし」、「日本橋餅」には「山本海苔店の海苔」をそれぞれ使用しています。
また、「擬宝珠最中(ぎぼしもなか)」は日本橋の欄干「擬宝珠」をかたどっています。

「職人の手技」や「出来たての香りや質感」を「見て」「感じて」、そして実際に食べてみて――。
日本橋に訪れた際には、「江戸時代、日本橋生まれ」がたくさん詰まった榮太樓をぜひ、実際に感じてみてください。皆様のご来店をお待ちしております。