• English
  • 中文 (简体)
オンラインショップ
SCROLL

東京の真ん中、
日本橋で200年

江戸時代、日本橋のたもとで、
とあるお菓子の屋台が江戸中の評判を呼びます。
屋台を引いていたのは、栄太郎という幼い少年でした。
榮太樓總本鋪は、前身の井筒屋から始まり、今年で創業200周年。
金鍔や梅ぼ志飴をはじめ、様々な東京の味を生み出し続けて来ました。
東京とともに成長して来たその歴史は、いつでも私たちの懐にあり、
その味わいは今も変わらず生き続けています。
こだわりの製法や紡いで来た軌跡を、
200年の時を超えてご紹介します。

受け継がれる、
こだわりの伝統製法

飴や金鍔はどのようにして作られているのでしょうか?
榮太樓が創業当時から受け継いで来た、伝統の技。
保存料添加物に頼らない、職人の手技が今に活きる製法をご紹介します。

※スマートフォンでの視聴を推奨します

200周年限定商品のご案内

榮太樓の代表的な商品である「榮太樓飴」。
日本橋の代表的なイメージである歌川広重・東海道五拾三次の
「日本橋朝之景」と、
現代の浮世絵画家NAGAさんが
近未来の日本橋の姿を描いた
限定の記念缶を含む全種を、
「持ち運びに便利なポケット缶タイプで一堂に集めました。
200周年を記念したデザインパッケージで、
榮太樓の歴史を知りながら伝統の味を味わうことができます。

パッケージ パッケージ
  • 歌川広重缶(抹茶飴)

    歌川広重缶(抹茶飴)

  • NAGAさん缶(バニラミルク飴)

    NAGAさん缶(バニラミルク飴)

NAGAさんプロフィールはこちら

<封入内容> 全11種

梅ぼ志飴(通常缶1種/記念缶2種)・黒飴・抹茶飴・
紅茶飴・バニラミルク飴・大長れもん・あまおう・
宮古島マンゴー・王林りんご・温州みかん

※11缶タイプ/5缶タイプ/3缶タイプがお選びいただけます
※飴の組み合わせはご自由に選択可能です

これからも、
伝統と革新を貫く

創業以来、榮太樓が
大切に守り続けて来た東京日本橋の味。
その商品は飴や金鍔だけにとどまらず、
時代に合わせ多様な変革を遂げて来ました。
現在も百貨店を中心とした榮太樓總本鋪をはじめ、
化粧品のように美しい新しい飴の形「あめやえいたろう」や
昭和生まれの懐かしいスナック「東京ピーセン」、
体に優しい商品ライン「からだにえいたろう」、
もっと身近に和のおやつを楽しんでいただける
「にほんばしえいたろう」など
皆様のライフスタイルに沿った幅広い商品展開で
5つのブランドラインを掲げています。

みなさまのお供として、質の良い菓子をしっかりと
お届けしていける存在でありたい。
今までもこれからも、みなさまに親しまれた
榮太樓の味を伝え続けていきます。

  • 榮太樓總本鋪

    創業200年の江戸の味

  • あめやえいたろう

    宝石のように輝く飴たち

  • にほんばし えいたろう

    江戸のおやつあれこれ体験

  • 東京ピーセン

    なつかしい東京銘菓の定番

  • からだにえいたろう

    体にうれしい糖質オフ

PAGE TOP
PAGE TOP